トイレタイプ別水のトラブルやつまり改善法

トイレタイプ別水のトラブルやつまり改善法 日常生活の中を送る中で、だれもが必ず使用するのがトイレです。最近では公共のトイレも清潔に保たれ、使用しやすいものが増えています。その背景には、地域団体の取り組みがあり、近隣の方の意識改革等があるのではないでしょうか。
また、企業努力により、トイレそのもの自体が進化により、汚れにくく、つまりや水漏れといった水のトラブルに強くなっています。それと同時に、昔は備え付けられていなかった、ウォシュレット等の機能が増えることにより、これまでにはなかった水のトラブルが発生するようにもなりました。省エネ機能により、少しの水で洗浄ができるような機能等、トイレの造りが複雑になり、つまりが発生した場合にも、簡単には解決できない場合もあります。様々なタイプのトイレについて、それぞれのメリットとデメリットについてまとめて紹介します。

■組み合わせ型

このタイプは、便座、タンク等それぞれが独立しているタイプで、ウォシュレットを付ける際には別途注文する必要があります。メリットとしては、価格が他と比べて安く、それぞれが独立しているため便座が故障した際にはその部分のみの修理で良い、と非常に経済的な点が挙げられます。また、自身で組み合わせを選択することができるので、さまざまな機能等において利便性を高めることができます。デメリットとしては、凹凸が多い構造のため、清掃が難しく、またタンクに水が溜まり切るまで流せないので、連続して使用しにくい点があります。

■一体型
こちらは便座やタンクまで全て一体になっているタイプです。デザインもまとまっていて、凹凸の少ない形状のため、比較的清掃がしやすいものが多いです。但し、ウォシュレットが故障してしまった、タンクの一部でつまりが発生してしまった等、一部修理が必要な場合でも、一体型の場合は全て交換しなければならないこともあり、大掛かりな修理に発展してしまう可能性もあります。予め信頼できる業者さんを探しておくことが重要と言えます。
また、組み合わせ型に比べやや本体の価格が高いです。

■システムトイレ、タンクレス

システムトイレとは、手洗器や収納までセットになっているトイレです。空間全体をデザインしており、トイレ単体で新しくした場合に発生するような、空間とマッチしない、といった問題が起こりにくく、快適でオシャレに仕上がります。トイレの床や壁紙等も含めて、だいたい1日で工事が完了し、手軽にリフォームができます。ただし、元の空間が狭すぎると工事自体ができなかったり、他のトイレのみの工事に比べると時間や費用が掛かります。機能が複数ついているものは、便利な反面、電気代が高くなることもあるため注意が必要です。
タンクレスタイプはタンクがない分、空間を活用することができ、広々と使うことができます。接続部が少なく、清掃がしやすいことからも人気があります。但し、水圧が弱い建物の場合は設置ができないこともあり、場所を選ぶという難点も存在します。手洗いも別途手配する必要があります。

■まとめ
その他にも便器の淵のあるなしや、清掃機能が付いているもの、自動で蓋が開閉するもの等、様々な選択ポイントがあります。その中でも自身のニーズに沿ったものに優先順位をつけてを選ぶことが大切です。口コミ情報や比較サイトだけでなく、公共の建物のトイレを使用する際に、参考にしてみるのも良いでしょう。ただし、実際に使用してみなければわからない点もあるのが事実です。どのようなタイプでも、想定外の水のトラブルが発生する可能もあります。その際に、すぐに対処してもらえるような幅広い知識をもった業者さんの連絡先を忘れずにチェックしておくことも大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース